玄関スペースに、スケルトン階段が最適な4つの理由

家の間取りやデザインが多様化してきて、階段も進化しています。そんな中で、最近とくに注目を集めているのが、スケルトン階段。デザイン性の高さもあって存在感を放ちながらも、空間を決して邪魔しないのがスケルトン階段の魅力のひとつです。そこで今回は、玄関スペースに注目。玄関にこそスケルトン階段を取り入れるべき4つの理由と、スケルトン階段のメリット・デメリットをご紹介します。

>>> シンプルな家|素箱(suhaco)TOPページはこちらです。

 

 

スケルトン階段のメリット・デメリットとは

玄関にあるスケルトン階段
>>この物件をもっと見る

スケルトン階段はその名の通りに、階段の向こう側が見えるデザイン。ほかにも、ストリップ階段やオープン階段などとも呼ばれています。このスケルトン階段は、上階に上がるためのステップである「踏み板」と、手すりや踏み板をつなぐスチールだけでできています。そのため、空間を完全に遮断することなく、限られた空間を広く解放的に見せる効果があります。さらに、手すりが繊細であればあるほど、空間に対して圧迫感を与えません。

スッキリとしたデザインのため、洗練されたシンプルな家によく似合います。踏み板の素材、スチール部分の色やデザイン次第で、雰囲気を自由に変えることも。また、階段が別空間にならず、リビングルームや玄関スペースと一体化するのも、スケルトンのデザインならでは。階段の蹴込み板がないので、光と風が通り抜けるのもメリットのひとつですね。

 

<スケルトン階段のメリット>

・空間を遮らず、圧迫感がない

・光と風通しが良い

・見た目がスッキリとシンプル

・手すりや踏み板など、色や素材で楽しめる

・蹴込み板があると埃がたまりやすいが、比較的掃除がしやすい

 

ただし、スケルトン階段にもデメリットがあります。それは、小さなお子さんがいる場合は、落下の心配があること。また、ご高齢の方も注意が必要です。とくに、手すりをスッキリさせるタイプでは、空きスペースも多いので、手すりの下に透明のパネルを使うなどの工夫が必要に。また、通常の階段であれば、階段下は収納や家族用のトイレなどに活用することもできますが、そのような空間活用はできません。階段下のデッドスペースを、どのように活用するかも考えておかなければ、無駄な空間が生まれてしまいます。

 

<スケルトン階段のデメリット>

・小さなお子さんがいる場合は落下の危険がある

・階段下に収納スペースなどを作ることができない

・強度のために、材料費が高くなることが多い

 

もし、安全面で少し不安がある場合は、踏み板の奥行きを長めにする、階段の勾配をより緩やかにする、手すりをしっかり設けるなど、工夫次第で安全面をより高めることができます。

 

 

光や風が通り抜け、空間の有効活用ができる階段

 

玄関に階段を設ける間取りは、2階リビングや狭小住宅のお宅でよく見られます。その場合にスケルトン階段を採用することで、より空間を有効に活用できるといったメリットがあります。そこで、玄関にこそスケルトン階段が最適な理由を4つご紹介します。

 

【1】玄関スペースを活用して、階段を設けることができる

玄関の写真
>>この物件をもっと見る

リビング階段は人気があり、近年は主流ではありますが、リビングルームのスペースを割いてしまいます。とくに、都心部の狭小住宅では、できるだけリビングルームは広く確保したいところ。そこで、玄関スペースにスケルトン階段を設けることで、階段と玄関の両方の役割を同じ空間が担うことができるのです。

こちらのお宅では、スケルトン階段の下は玄関土間として活用。階段の真下部分は高さがないので、ベビーカーなど大物の置き場にしたり、ちょっとしたベンチやオブジェ、グリーンなどを置くこともできます。

 

【2】上階から光を取り込み、玄関を明るい空間にできる

スケルトン階段のある玄関ホール
>>この物件をもっと見る

階段スペースに窓を設けることができないと、玄関はどうしても暗くて狭い空間になりがちに。窓を設けられる間取りであれば、足元などの明かり取りなどが効果的ですが、そうでない場合は、スケルトン階段で上階からの光を取り込むことができます。

また、1階と2階で空気の行き来もでき、2階リビングで風を取り込めば、それが1階へと流れてきます。家の中を風が心地よく巡回し、より快適に暮らすことかできます。

 

 

【3】上階のリビングルームと玄関をゆるくつなげる

玄関にスケルトン階段がある写真
>>この物件をもっと見る

玄関に階段を設け、そこから上がってリビングルームに行ける間取りにすることで、自然な形で玄関とリビングルームをつなげることができます。さらにスケルトン階段にすることで、上下階の会話もスムーズだったり、家族が出かけたり帰ってくる様子もわかります。上階から階段下をのぞけば、家族の様子を見ることも。蹴込み板がないことで、より空間のつながりが感じられるでしょう。

 

 

【4】玄関をスケルトン階段で印象的な空間にできる

螺旋階段
>>この物件をもっと見る

スケルトン階段の最大の魅力は、そのデザイン性です。蹴込み板がなく、手すりもシンプルなので、そのフォルムを自由に楽しむことができます。玄関スペースにスタイリッシュな階段があれば、それだけで印象的な空間に。どんな素材で、どんなデザインにするかによって、空間の印象も大きく変わります。

たとえば、このような真っ白の螺旋階段などは、できるだけ小さなスペースで階段を設けることができ、さらにデザイン性も高いでしょう。

 

 

スケルトン階段は、デザイン性と機能性を兼ね備えた、これからますます主流になるスタイルでしょう。ただし、メリットとデメリットをしっかり把握した上で選ぶことも大切ですね。

SUHACOでは、玄関スペースを上手に活用した、スケルトン階段のある家を多くご提案しています。オープンハウスなどで、ぜひご覧ください。

 

>>> シンプルな暮らし|素箱(suhaco)TOPページはコチラです

 

施工事例をもっとみる

著者情報

監修:一級建築士 秋慎一郎 /L・DESIGN建築設計事務所

監修:一級建築士 秋慎一郎 /L・DESIGN建築設計事務所(株)素箱 代表取締役 / L_DESIGN建築設計事務所 代表取締役

「プライバシーの守られた開放的な空間」
「季節の移ろいを感じられる心地良い住まい」
をコンセプトにして、設計活動をしています。
コートハウス(中庭型住宅)の設計を多く手掛け、
「光」や「風」を考慮した、家族と穏やかに過ごせる「住まい」を提案しています。

詳しいプロフィールはこちら