快適なキッチンを作るための、間取りの実例&アイデア

キッチンは1日のうち、何度も立つ大切な場所です。毎日料理をする人であれば、キッチンに立つ時間はかなり長くなるでしょう。また、家づくりをするなかで、とくにキッチンにはこだわる人も多いですよね。

キッチンを家のどの場所に作るのか、オープンなのか独立させるのか、どの向きにするのか…それによって、キッチンの使い勝手は大きく変わります。そこで、SUHACOの家の実例から、キッチンの間取りやアイデアをご紹介します。

 

 

キッチンの形は、ライススタイルに合わせて選ぶ

キッチンからリビングルームを眺める
>>この物件をもっと見る

キッチンのタイプは、家族のライフスタイルや、キッチンをどのように使いたいかによって選ぶのがいいでしょう。かつて、リビングルームやダイニングルームと壁で区切った場所に、独立型としてキッチンを設けるご家庭が主流でした。最近は、家族がいるリビングルームとつなげて、完全にフルオープンなキッチンが好まれています。

また、オープンにした場合も、シンクやコンロの位置を変えることで、家事をしながらの景色も変わります。とくに、シンクの前に立つ時間が多いので、シンクの向きはよく検討する必要があります。

さらに、現代では共働き夫婦が多く、家事を分担したり、一緒に料理を行う機会も増えています。そのような場合は、2人以上で使いやすい幅に設定したり、リビングルームに向かってオープンな間取りにするなど、ライフスタイルに合わせてみるといいでしょう。

 

 

【キッチン間取りの実例1】

家族の様子や、外の景色を眺めるキッチン

リビングルームの写真

キッチンからの眺め
>>この物件をもっと見る

天井までの大開口が印象的なリビングルームで、一番眺めのいい場所をキッチンが確保。シンクの前に立った時に、家族がリビングで過ごしている様子や、窓からの景色が存分に楽しめ、家族とのコミュニケーションが育まれるキッチン間取りです。

また、キッチンの周辺に水回りを集約したことで、家事動線がコンパクトになり、家事がしやすくなっています。共働きなどでウィークデーの家事に時間が費やせないようなご家庭なら、こんな間取りがおすすめです。

 

 

【キッチン間取りの実例2】

I型を採用して、キッチンエリアをコンパクトに

キッチンの写真

リビングルームの写真
>>この物件をもっと見る

I型のキッチンは壁側のみにコンパクトに設置ができるため、狭小住宅では空間を有効活用することができます。食器の収納スペースが減ったり、生活感が出てしまうといったデメリットもありますが、その分、リビング&ダイニングにスペースを使うことができるでしょう。夫婦2人など人数が少ないご家庭であれば、コンパクトなキッチンの方が使いやすいこともあります。

こちらのお宅のように、キッチン前に窓を設置すれば、外の景色を眺めながら作業をすることも。家族とは少し離れた場所で料理や家事に集中することができ、緑を見ながらの作業ではリラックス効果も期待できます。

 

 

【キッチン間取りの実例3】

クローズドタイプは、リビングとゆるく区切る

キッチンとダイニングテーブル

ステンレスのキッチン
>>この物件をもっと見る

家族と対面できるオープンキッチンが主流になっていますが、独立型キッチンもさまざまなメリットがあります。こちらのお宅は、細長い建物の一番奥をキッチンスペースに。リビング側からはキッチンの細かな様子まではあまり見えないため、急な来客があっても安心です。また、料理の煙や臭いなどがリビング側にダイレクトにいかなかったり、料理や家事に集中できるなどのメリットもあります。

さらに、キッチンスペースは床を一段下げて、床材も変えることで、壁で仕切らなくても領域の違いが分かるようになっています。ダイニングテーブルと横並びにつなげることで、配膳や片付けなどもスムーズです。

 

 

 

【キッチン間取りの実例4】

汚れが気になるコンロ部分に壁を設置

リビングルームの写真

タイルが貼っているキッチン
>>この物件をもっと見る

リビングルームの一番日当たりの良い場所に、バルコニーの壁をうまく使って、半分だけをオープンにしたこちらのキッチン。油はねや掃除のことを考えて、コンロ側は壁に面した間取りになっています。また、キッチンからもダイレクトにバルコニーに出られるようにドアを設けたことで、ゴミ問題も解消。周囲の窓から日差しが入り、明るく清潔感のあるキッチンになっています。

また、床材を変えることで、自然な形でキッチンとリビング&ダイニングのスペースを区切っています。掃除がしやすいタイルをポイントに使用するのも、キッチンアイデアのひとつです。

 

 

【キッチン間取りの実例5】

壁側にシンクやコンロ、作業台はオープンに

シックなキッチンのあるリビングルーム

リビングルームの写真
>>この物件をもっと見る

こちらのお宅は、シンクとコンロのあるI型キッチンを壁側に、造作の作業台をダイニング側に設けています。大きめの作業台があることで、家族で料理やお菓子作りを楽しんだり、広いスペースを使って調理や盛り付けをすることもできます。また、調理以外でも、さまざまな家事ができる場所として重宝するでしょう。

ワンフロアを中央の階段で2つのエリアに分け、リビングとダイニング&キッチンを自然な形で区切っています。キッチンのデザインやカラーは、ほかの家具に合わせてみると、素敵な空間に仕上がりますね。

 

 

 

キッチンには、クローズドタイプ、オープンタイプ、半分だけオープンにするタイプなど、さまざまな間取りが選べます。それぞれにメリットやデメリットがあり、また家族のライフスタイルによっても向き不向きがあります。

さまざまな実例を見ながら、実際に自分たちの家族がどのようにキッチンを使うのかをイメージしてみましょう。快適なキッチンを手にいれることは、暮らしの質の向上にもつながるはずです。

SUHACOでは、さまざまなタイプのキッチンをご提案しています。オープンハウスなどで、ぜひご覧ください。