宙に浮いたようなロフトや段差のある小部屋など、空間を楽しめるコートハウス

スケルトンインフィルという言葉はご存知ですか?
基本構造(スケルトン)と、自由に変えられる内装と設備(インフィル)を分けて設計するスケルトンインフィルの考え方では、家族構成やライフスタイルに合わせて、空間を自由に編集することができます。
つまり家とは、その家族ごとに自由な形があるはず。
素箱の家には、秘密基地のようなロフトやちょっとした和室スペースなど、家族がワクワクするような空間がたくさんあります。
今回は、遊び心のある空間が楽しめるコートハウスをご紹介しましょう。

 

家族の会話が行き交う、リビングとつながるロフトスペース


もっとこの物件の写真をみる>
 

階段を上った先にあるのは、屋根裏部屋のようなロフトスペース。
大空間の一部にもうワンフロア作ることで、こんな空間が実現します。
あえてリビング側の壁をなくすことでリビングルームが見下ろせて、いつでも家族の存在が感じられるのも魅力。
書斎や趣味のスペースにするのもいいですし、お子さんの遊びや勉強スペースにするのもおすすめです。

 

限られた空間なら、縦に伸びる空間を有効活用


もっとこの物件の写真をみる>

都心部の限られた空間では、ちょっとした空間も無駄にはしません。
二階をワンフロアとして使った奥行きのあるリビングダイニングは、リビング側を吹き抜けにして解放的にし、キッチンとダイニングの上部にはロフトを設けることで、空間を有効活用しています。
また、あえて梁や天井の木材を見せて、頭上の空間に遊び心をプラスしていますね。

 

ライフスタイルに合わせて、自由に使えるもう一部屋


もっとこの物件の写真をみる>

空間さえ確保できれば、素箱ではこんな大胆な間取りも作れます。
ロフトはどうしても暗くなりがちですが、大きな窓を採用したり、このお宅では一面をガラス張りにすることで、明るい空間のひと部屋になります。
家族のライフスタイルに合わせて、使い方を自由に変えていくこともできますね。

 

子どもが成長したら、壁を作って個室に変身!


もっとこの物件の写真をみる>

家族構成や子どもの成長に合わせて、空間を自在に編集できるのも素箱のよさ。
最初は吹き抜け部分をあえて解放すれば、二階で遊んだり勉強している子どもの様子がよくわかります。
そして子どもが成長したら、壁で仕切ってプライベートな空間に変えることも。
梯子で登れるロフト部分は収納スペースとしても活用でき、収納力もアップします。

 

リビングと和室を格子戸でゆるりと仕切る


もっとこの物件の写真をみる>

独立した和室まではいらないけど、ちょっと寝転んだり、子どもが昼寝できる和室スペースがあると何かと便利。
でも、リビングやキッチンなど他の空間とのバランスを損なわないようにしたいなら、扉で自然に仕切ってみるのもいいですね。
抜けのある格子戸にすることで、広々とした空間を損なわない工夫もされています。

 

光がたっぷり差し込む小上がりの和室も実現!


もっとこの物件の写真をみる>

ハイサイドライトからの日差しが差し込む、気持ち良いリビング。
その一角には、小上がりの和室があります。
少し段差をつけることで、軽く腰掛けることもでき、たくさんのお客さんが来たときにも便利です。

 

都心部の家では敷地に限りがあることも多く、部屋数を確保できない場合も。そこで、素箱が提案する自由な発想での家づくりでは、ロフトスペースなどで空間を有効活用したり、家族のライフスタイルに合わせて家の間取りを自在に変えるなど、家族が気持ちよく暮らせる家が完成します。

見学会も随時開催しておりますので、お気軽にお問い合わせください。