背面収納はスッキリ派? 機能重視派? 家族が心地よく使うための、オーダーメイドキッチン収納

SUHACOのキッチンは、標準仕様を設けていません。
決まった形ではなく、家族が使いやすいようにオーダーメイドでキッチンを作ることができるからです。
それはキッチンの背面収納も同じこと。
SUHACOのオーダーメイド収納であれば、食器の量や調理器具の種類に合わせてデザインしたり、部屋の雰囲気と統一することで、使いやすくてデザイン面でも納得の背面収納が実現するはずです。

 

引き戸はスッキリ見せながらも収納力抜群


もっとこの物件の写真をみる>

キッチンの背面に、大きな引き戸収納を設けたこちらのお宅。
他の収納やキッチンの材質に合わせて、白でスッキリと統一しています。
電子レンジや炊飯器など、生活感のある家電を一気に隠すことができ、
料理中はオープンにしておけば、食器などの出し入れがしやすいのもメリット。
また、キッチンスペースに余裕がなければ、開き扉や引き出しよりも、引き戸の方が空間を有効活用できます。
背面全体を使えば、収納力もたっぷり確保できますね。

 

 

吊り棚があれば、収納力がさらにアップ!


もっとこの物件の写真をみる>

背面にも作業スペースがあることで、より料理や家事がしやすいキッチンに。
こちらのお宅では、吊り棚を天井まで高く作らず、あえて目線のちょっと上の高さでコンパクトに作ったことで、脚立などに乗らなくても物が取り出しやすくなっています。
使用頻度の低い調理用具や鍋などを吊り棚に収納しておくと、キッチン下よりも取り出ししやすいかもしれません。
オーダーメイドであれば、背面の収納も理想に近いものを取り付けることができます。

 

見せる収納を上手に生かして、お気に入りの空間に


もっとこの物件の写真をみる>

一日の中で、長くいることの多いのがキッチンスペース。
機能面を充実させることはもちろん大事ですが、デザイン面を優先して、見て楽しむキッチン収納もありなのかもしれません。
オープンな棚を取り付ければ、お気に入りの食器やグラスをあえて見せてみたり、雑貨やグリーンを飾って自由に楽しむこともできそうですね。

 

 

収納するものを想定して、たっぷりの引き出しを用意


もっとこの物件の写真をみる>

こちらのお宅は、部屋の雰囲気に合わせてシックなデザインのキッチン。
背面収納も、引き出しタイプの腰高収納のみでスッキリと見せています。
食器の種類や量によって、引き出しを自由に作ることができるのが、オーダーメイドの良さ。
機能面だけなく、形や色、素材にこだわることで、家族みんなが使い心地の良いキッチン空間になるはずです。

 

ワイドなキッチンなら、キッチン下収納だけでも充実


もっとこの物件の写真をみる>

大きな窓が印象的なこちらのお宅のキッチンは、横にワイドなデザイン。
窓があるため、吊り棚などを設置することはできませんが、その分キッチン下収納が充実しています。
作業台も兼ねたダイニングキッチンは、半分が収納にもなっています。
このように自由にデザインできるのも、SUHACOのオーダーメイドキッチンならでは。

 

 

機能面を重視しながらも、白でスッキリ見せる


もっとこの物件の写真をみる>

キッチンと収納、冷蔵庫など電化製品を一面にギュギュっと収めた、機能性抜群のデザイン。
大きな作業台もあり、使い勝手と動線がしっかり考えられたキッチンです。
収納が多く、一見するとごちゃごちゃしがちですが、色を統一することでスッキリ見えますね。

 

朝起きてすぐにキッチンに立ち、夜ご飯の片付けをして一日が終わる…。キッチンに立つ時間は、私たちが思っているよりも意外と長いものです。せっかくキッチンを作るなら、できるだけ使い勝手がよくて、居心地の良い空間であるべき。SUHACOのオーダーメイドキッチンなら、収納までしっかりこだわって設計することができます。

素箱では、見学会も随時開催しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 
 
文・内田あり