シンプルライフは、子育て中の家族にこそ。引き算足し算しながら変化を楽しむ、家づくりの7つのコツ

子育てにおいて、「家」は重要な役割を果たします。食べること、眠ること、遊ぶこと、親子で同じ時を過ごすこと。子育てのほとんどは、家族が暮らす「家」で育まれていきます。そんな大切な場所だからこそ、「家」はお子さんにとっても親御さんにとっても、安心で快適な空間であるべき。

私たちSUHACOは、子育て中のご家族にとって、どんな家が最適だろうと考えました。そこでたどりついたのが、シンプルライフが実現できる「箱のような家」。

最初から決まった形にこだわるのでなく、お子さんの成長に合わせて変化する柔軟性のある家。無駄な装飾や華美な演出をせず、家族で作り上げていくことができる白いキャンバスのような家。シンプルライフとはつまり、箱のようにシンプルな家で、家族が作り上げていく暮らし方のことです。そこで、子育て家族におすすめしたい、シンプルライフが送れる家づくりの7つのコツをご紹介します。
 

シンプルライフのコツ その1:ダイニングテーブルは、家族の成長に合わせて変化できるデザインに

シンプルライフのコツ その1:ダイニングテーブルは、家族の成長に合わせて変化できるデザインに
もっとこの物件の写真をみる>

ダイニングテーブルは、家族で食事をしたり、お子さんが宿題をしたり、家族団らんの場であったりと、家の中心になることが多いでしょう。大切な時間を過ごす場所であるからこそ、長く愛用できるものを選ぶことも、無駄のないシンプルライフの暮らし方です。
 
では、子育て中の世代が長く愛用できるダイニングテーブルとは、どんなデザインでしょうか。例えば、お子さんが小さい頃は両親分の椅子二客を用意し、フレキシブルに使えるベンチタイプをチョイス。ベビーチェアはお子さんが安全に使えるものを選んであげましょう。ベビーチェアを卒業したら、よく動き回る時期がやってきますので、乗り降りしやすいベンチタイプは何かと使い勝手がいいですね。これなら、お子さんが増えても対応できますし、お友達などが遊びに来ても便利に使えます。シンプルライフを送るためには、家族の年齢やライフスタイル、さまざまなシーンに合わせて対応しやすいデザインを選ぶことも大切です。

 

シンプルライフのコツ その2:将来的に二部屋にも分けられる、広々キッズスペースを

ンプルライフのコツ その2:将来的に二部屋にも分けられる、広々キッズスペースを
もっとこの物件の写真をみる>

家が本当の意味で完成するのはいつでしょうか。決して、住み始めるときが家の完成ではないというのが、SUHACOの考え方です。お子さんが誕生して、いずれ兄弟も増え、家族構成が変化していく過程で家の在り方も変わっていきます。ですから、そのたびに必要なものを足したり引いたりしながら、家づくりをしていく…。それが、現代らしいシンプルライフの形かもしれません。
 
小さい頃は兄弟や姉妹で同じ空間で過ごすことで、おもちゃを共有し合ったり、一緒に眠ったり、時には喧嘩もします。しかし、お子さんが成長するに従って、個室で過ごす方がお互いにとって良いタイミングがやってくるでしょう。その時のために、空間を仕切ることができるように設計しておけば、大掛かりなリフォームもいりません。収納や扉、窓、エアコンの設置場所などを、あらかじめ二つずつ用意しておくご家族も増えていますね。のちのちに無駄なリフォーム代がかからないように、あらかじめ間取りを考えておくことこそ、本質的に暮らすシンプルライフのコツなのです。

 

シンプルライフのコツ その3:土間スペースは使い方の発想が、ぐんぐん広がる!

シンプルライフのコツ その3:土間スペースは使い方の発想が、ぐんぐん広がる!
もっとこの物件の写真をみる>

玄関の土間スペースは、広々と玄関が開放的に見える上、子育て中の家族にはとても使いやすい空間。シンプルライフを楽しむご家庭では、土間玄関を採用するご家庭も増えています。土間スペースにはお子さんが小さい頃はベビーカーや三輪車を置いてもいいですし、お子さんやパパの自転車置き場にもなります。また、将来的には親子でDIYを楽しむ空間になったり、自転車のメンテナンスができる場所になったりと、使い方の幅も広がりますね!
 
お子さんが独立して夫婦二人だけになったら、今度は広い土間を生かしてギャラリー風にしたり、観葉植物などを並べてみたりと、趣味のスペースとしても活用してもいいでしょう。シンプルライフを送るためには、さまざまな使い方ができる土間のようなフリースペースがあると、心にもゆとりが生まれます。

 

シンプルライフのコツ その4:家をぐるりと眺められるキッチンは、シンプルライフに最適

シンプルライフのコツ その4:家をぐるりと眺められるキッチンは、シンプルライフに最適
もっとこの物件の写真をみる>

大きな空間のリビングであれば、キッチンから家中を眺められます。家事をしながらでも、お子さんが遊んでいるのを見守ったり、小さいうちは宿題をしている様子が分かったりと、親御さんもお子さんも安心して暮らすことができます。シンプルライフには大きく広々としたリビングダイニングが最適で、そこは家族がいつも一緒にいられる大切な空間なのです。

 
シンプルライフには大きく広々としたリビングダイニングが最適
もっとこの物件の写真をみる>

SUHACOが考える箱のような家とは、まさにこのような1つの大空間。一階と二階を完全に区切らずに、リビングダイニングを吹き抜けの大空間にすることで、家の中の様子をキッチンにいながら感じることができます。SUHACOの家は最初から部屋を細かく仕切るのではなく、家族構成が変化して必要になった時に後から区切ることができます。必要になったらプラスするという考え方も、無駄のないシンプルライフのためのコツですね。

 

シンプルライフのコツ その5:空間自体が楽しめる家は、お子さんの好奇心を掻き立てる!

シンプルライフのコツ その5:空間自体が楽しめる家は、お子さんの好奇心を掻き立てる!
 
小さいお子さんがいるご家庭でよく目にするのが、大型のおもちゃ。お子さんの遊び場にと購入するご家庭も多いかもしれませんが、使う期間はかなり限られますし、それってシンプルライフを送るために本当に必要でしょうか。
 
SUHACOの家は、家全体がお子さんにとってワクワクできる空間。家の真ん中に中庭を持つコートハウスのスタイルを取っているデザインも多く、デッキや屋上などの空間では、家族が見守る中でお子さんがのびのびと遊ぶことができます。

 
ロフトを設ければ、お子さんにとって秘密基地のような空間にも
もっとこの物件の写真をみる>

また、ロフトを設ければ、お子さんにとって秘密基地のような空間にも。ロフトは遊び場にもなりますし、大容量の収納スペースとしても活躍してくれます。他にも、階段脇に大きな本棚を設置したり、スキップフロアを設けたりと、いたるところに座って絵本を楽しめる家にすることもできます。家全体がお子さんにとって好奇心を掻き立ててくれるようであれば、無駄な大型おもちゃは不要になり、よりシンプルライフの実現に近づくことができるかもしれません。

 

シンプルライフのコツ その6:おもちゃや洋服などは、足し算引き算の法則を守る!

シンプルライフのコツ その6:おもちゃや洋服などは、足し算引き算の法則を守る!
もっとこの物件の写真をみる>

シンプルライフの基本は、無駄な物を持たないことです。これは、できるだけ物を持たないミニマリストの考え方でもあります。しかし、お子さんがいると、どうしてもおもちゃや洋服で溢れてしまうもの。収納はもちろん限りがありますので、収納以上に物が増えてしまえば、それだけで家の中がごちゃごちゃしてしまいます。
 
そこで、おもちゃを買う前には、親子でよく話し合ってみましょう。お子さんがまだ小さいうちは、親御さんがしっかりと判断することも大切。成長に合わせて不要になるようなおもちゃは、一つ買う時に、不要な物を一つ処分するなど、おもちゃを入れ替える感覚を持ちましょう。持ち物をずっと足し続けていくのではなく、適度に引き算をして暮らしていくことが、シンプルライフを送るために大切なことです。

 

シンプルライフのコツ その7:無駄な装飾はせず、お子さんの個性に合わせて将来的に選ぶ

シンプルライフのコツ その7:無駄な装飾はせず、お子さんの個性に合わせて将来的に選ぶ
もっとこの物件の写真をみる>

子供部屋は、家の中でもっとも変化のある場所です。お子さんが生まれたばかりの時はファミリールームとして、幼少期はプレイルームに、小学生になると勉強部屋として、中学生以降は兄弟で個室が必要になることもあるでしょう。SUHACOの家であれば、家族構成が途中で変わっても、その時その時で自由に変えられるメリットがあります。基本の箱がしっかりしていていれば、無駄な装飾や華美な演出も必要はありません。
 
また、お子さんが成長するにあたって、その子らしい個性も出てくるでしょう。何色が好き、どんな雰囲気が好き、これは嫌など、次第に好みを主張するようにもなります。その時に、お子さんの個性を尊重してあげるためには、真っ白なキャンバスのような部屋が理想的です。

 
無駄なものを削ぎ落としてシンプルライフを送ることは、本当に大切なものだけに囲まれるという意味で、実は贅沢な暮らし方かもしれませんね。お子さんにとっても、そんなご両親の姿勢を見て育ち、物を大切にしたり、柔軟に対応できる行動力を身につけられるはずです。

お子さんの成長によって、子育て中のご家族の暮らしはどんどん変化していきます。その変化に柔軟に対応できるシンプルな箱のような家は、子育て中のご家族にこそ最適なのです。足し算したり、引き算したりと、その都度家づくりが楽しめるのも、実は幸せなことですよね。

窓から心地よい陽光が差し、木材の感触を直に感じるフローロングと温もりのある照明…。SUHACOのシンプルな空間には、そんな本質的な贅沢さがあることを実感してみてください。これこそ、究極のシンプルライフです。

SUHACOの家には、そんなノウハウが満載。見学会も随時開催しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 
文・内田あり