シンプルな家こそ美しい。SUHACOが提案する、暮らしの心地よさ

シンプルな家と聞いて、どんな家を想像しますか?
真四角のシンプルな外観、仕切りの少ないシンプルな間取り、
無駄のないスッキリとシンプルなインテリア…。
そんな要素が詰め込まれた家が、SUHACOの家です。
シンプルで心地よい暮らし方をSUHACOが提案します。

 

シンプルなリビングダイニングは、木の分量が決め手

シンプルなリビングダイニングは、木の分量が決め手
もっとこの物件の写真をみる>

スッキリとした印象の家は、木と白壁のバランスが絶妙。
木の量が多くなると、ログハウスのような温もりのある印象になりますが、その分スッキリ感は減ります。逆に、真っ白な部屋では、冷たく殺風景な印象になることも。
木と白壁のバランスは、好みの雰囲気に合わせて選ぶのが大切です。
また、木の種類によっても印象は変わり、節の多い木材よりも、節なしの木材の方がすっきり感はアップします。

 
ワンフロアの大空間リビング&ダイニング
もっとこの物件の写真をみる>

仕切りをあえて作らず、ワンフロアの大空間リビング&ダイニング。
空間が広ければ、家具をゆったり配置することができ、シンプルな暮らしが実現できます。
大きな箱を作るイメージで、そこから自分たちで足し算・引き算をして、暮らしを整えていきましょう。

 

シンプルで機能的なキッチンこそ、使いやすさは抜群

シンプルで機能的なキッチン
もっとこの物件の写真をみる>

シンプルで無駄のないキッチンには、秘密があります。
それは、キッチン周辺の家電や食器などの量に見合った収納を設けること。
収納が足りなければ、もちろん、スッキリと片付けることができません。
こちらのお宅のように、キッチンの背面を天井までの収納にすれば、
効率よく、生活感のあるものをしまっておくことができます。

 
清潔感があり、明るいキッチン
もっとこの物件の写真をみる>

毎日立つキッチンだから、キッチン台の上のスッキリ感もキープしておきたいもの。
白で色をまとめてみると、清潔感があり、明るいキッチンになります。
素材選びでも気をつければ、お手入れもしやすく、毎日清潔に保つことも。
お気に入りのキッチンを作ることも、キレイをキープしようとするモチベーションに繋がります。

 

シンプルな空間を邪魔しない、スケルトン階段

シンプルな空間を邪魔しない、スケルトン階段
もっとこの物件の写真をみる>

スチールと木を組み合わせた、シンプルなデザインの階段がSUHACOの定番。
黒いスチールは主張しすぎることなく、どんな家にも合わせやすいでしょう。
階段は素材選びによって、ずいぶんと印象も変わります。
無垢材の踏み面を選べば、裸足で歩くのも気持ちよくて快適です。

 
黒い直線的なスチール階段
もっとこの物件の写真をみる>

白い壁と木の床の空間に、黒い直線的なスチール階段もお似合いです。
あえて黒の階段にすることで、キリッと空間が引き締まるよう。
細い手すりを採用することで、開放感を損なわず、洗練された印象になります。

 

浴室はオリジナルデザインでお気に入り空間に

シンプルな浴室
もっとこの物件の写真をみる>

浴室は、家の中で最もリラックスできる場所。
ガラスの扉で開放感を出したり、お手入れがしやすくシンプルな素材を選んだり、
お気に入りの洗面ボウルやバスタブを採用することで、
家族にとって使いやすく、お気に入りの空間になるはずです。

 
シンプルな洗面所
もっとこの物件の写真をみる>

洗面所はシンプルでありながらも、タオルや洗剤など細々したものをしっかり収納できるスペースが必要です。
SUHACOは洗面所の収納も自由にデザインができるので、家族の人数や物の量に合わせて、収納を用意することができます。

 

シンプルな玄関は、大容量の収納を備えてスッキリと

シンプルな玄関
もっとこの物件の写真をみる>

一見、白い壁のように見えますが、大きな収納を兼ね備えた玄関。
天井いっぱいまで収納棚にすることで、凹凸がなく、スッキリとした印象の空間になっています。
シューズクロークなど収納を十分設けることで、散らからないシンプルな暮らしが実現します。

 
シンプルな土間玄関
もっとこの物件の写真をみる>

こちらは廊下の延長線のような土間玄関。
スケルトン階段の下のデッドスペースを、上手に土間玄関として活用しています。
狭小住宅など広い土地が確保できない場合でも、玄関に奥行きを持たせることで、
広く開放的に感じられます。
また、玄関土間を大きく取ることで、自転車やベビーカーなどを一時的に置くこともでき、使い方にも幅が広がります。

 

シンプルな外観は、中に広がる空間を想像させる!

シンプルな外観
もっとこの物件の写真をみる>

通りからの窓は一切なく、真っ白な壁がそびえ立つ印象的な家。
外から見ると、中はどんな空間が広がっているのだろうと、想像が掻き立てられます。

 
シンプルな外観2
もっとこの物件の写真をみる>

四角い箱が宙に浮いているような、ユニークな形の外観。
開口部がほとんどないシンプルな外観は、通りからの視線や喧騒を遮断して、家族のプライバシーをしっかり守りながらも、内側は開放的な空間になっています。

 

シンプルで飾りの少ない個室は、使い勝手よし

シンプルで飾りの少ない個室
もっとこの物件の写真をみる>

子ども部屋にぴったりの一室は、シンプルな箱だけの空間がおすすめ。
お子さんの成長に合わせて、さまざまな使い方ができます。

 
シンプルでリラックスできる空間
もっとこの物件の写真をみる>

窓だけのおこもり感のある部屋は、実は寝室にぴったり。
夜はダウンライトで雰囲気を出し、リラックスできる空間を作ることができます。

 
シンプルに見える家は、実は細部にまでこだわり抜かれ、心地よく暮らすための工夫がされています。間取りや収納などがスッキリ見えるように作られていたり、素材選びに徹底的にこだわっていたり、家族の成長に合わせて飾りを少なく作ったりと、シンプルに見えるようで実は計算され尽くしているのです。

SUHACOの家には、そんなノウハウが満載。見学会も随時開催しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 
文・内田あり